NPO法人丸瀬布昆虫同好会

 

昆虫同好会のホームページへようこそ。

 

北海道のオホーツク管内遠軽町で活動しています。

 

地元、丸瀬布にある「丸瀬布昆虫生態館」の運営に協力のほか、地元の子どもたちを対象にした自然体験教室を主催しています。

 

各種イベントへの出展、体験教室の問い合わせ等はお問い合わせフォームよりご連絡ください。




ワクワク自然体験教室         前田一歩園ジュニア自然環境賞受賞


2月のわくわく



 

2月は、「スノーモービル」と「閉講式」でした。そして急な話でしたが、オリンピックのホストタウンの行事で「アイルランドの選手に贈るエコバックの絵を描く」イベントが入りました。

 白滝のキャンプ場をスノーモービルに引かれたバナナボートではしりました。天気もよく楽しめました。

 エコバックは、はじめに駐日アイルランド名誉領事の笠間さんから、写真をもとにアイルランドについてのお話をしていただきました。そして袋に絵やメッセージを描きました。下絵をもとにする子オリジナルの絵を描く子と様々でした。最後は全員でビデオメッセージを撮りました。

 閉講式は、佐藤理事長から修了証とご褒美をもらいました。皆勤賞は9人もいました。「次年度また一緒にやろうね。」と言って今年度の活動を終えました。

 今日の活動は、朝から終了まで業者の方たちがビデオ撮影をしていました。出来上がったら、みんなで鑑賞したいものです。

 



1月わくわく


そりあそび


迷路



むしの家づくり2020


地球環境基金の助成を受けて「虫のいえ」を 丸瀬布小・安国小に設置しました 10月に木を出してむしの調査をしました。2校の同定が終わりました。安国小は、54種。丸瀬布小は45種のむしは確認されました。小さな虫が多く、大人なら見過ごすところです。子どもたちが意欲的に取り組んで頂いた結果です。  (種類はお問い合わせください)


アサマシジミ保全活動

 

 

アサマシジミの保全活動は、6月の食草に守るための除草を行い、10月には、生育地域の草刈りを行いました。