NPO法人丸瀬布昆虫同好会

 

昆虫同好会のホームページへようこそ。

 

北海道のオホーツク管内遠軽町で活動しています。

 

地元、丸瀬布にある「丸瀬布昆虫生態館」の運営に協力のほか、地元の子どもたちを対象にした自然体験教室を主催しています。

 

各種イベントへの出展、体験教室の問い合わせ等はお問い合わせフォームよりご連絡ください。





7月のわくわく自然体験教室

速水将人先生(北海道立総合研究機構研究職員)

講演

「ちいさな、あおい、ちょうのはなし」

  ー絶滅危惧種アサマシジミの現状ー

標本や幼虫を見せて頂きました

 

まどか

「ちいさな、あおい、ちょうのはなし」はちょうの実物や幼虫をみたのが楽しかったです。でも幼虫はきもち悪かった。

 

 

あいにくの小雨でしたが、ジオザリクラブの金子さんから指導をうけてウチダザリガニの駆除をおこないました。昨年つかむことができなかった子もつかむことだできるようになりました。つかまえたザリガニは塩ゆでと素揚げで美味しくいただきました。

 

さら

ザリガニをつかむのをがんばった。

りゅうま

ザリガニがおいしかった

 

 

いこいのもりの盆踊りに参加しました。

休憩時間には、くじをひいたり。チョコバナナを食べたりしました。

 

めあ

ぼんおどりは、たのしかったです。

あいにくの雨模様でしたが、大体の予定通りの活動でした。

 速水先生の講演は、アサマシジミの現状をわかりやすくお話ししてくださいました。もちろん大人も楽しめる内容でした。

 午後は、マウレアミュージアム見学です。大きなカブトムシやホタルの模型、段ボール迷路で昆虫を学びました。

 前日の雨で川が濁ってつりは出来ませんでした。ウチダザリガニ駆除は、金子さんの指導のもとで200匹以上採取しました。

 2日目は、雨宮21号の火入れ体験、乗車で楽しみました。

    (写真は活動報告で)