活動報告

移動昆虫教室

丸瀬布昆虫同好会は、「移動昆虫教室」を行っています。

生きた昆虫をつれて出前授業を行います。

旅費の負担をお願いしています。

このHPからご相談ください。


いこいの森開園作業

 丸瀬布森林公園いこいの森の開園日(4/27)に合わせて冬囲いなどを撤去する作業を行いました。この作業は、開園日に合わせて毎年昆虫同好会が行っているもので、冬期間昆虫生態館の脇にある食草ハウスを囲っていたビニールなどの撤去作業を行いました。また、この作業後には、水生昆虫の生態調査も行い、丸瀬布地域内にある池で作業を実施しました。


山彦の滝視察

この冬立ち入ることができなかった、山彦の滝にえんがあるジオ倶楽部と合同でやま調査に行ってきました。
 滝は例年より二回りほど大きくなっていました。真ん中に日々が入り端の一部に滑落が見られ、下の穴から中氷の滝のに入ると10名くらいは入れる大きなドームになっていました。名物の観察会ができないのは残念です。道路が開通し夏になったら
滝周辺の環境整備が必要と感じました。

わくわく自然体験教室

7月のワクワク

今年度最後のわくわく自然体験教室は、遠軽町白滝で行いました。遠軽市街地はだいぶ雪解けが進んでいますが、自然に囲まれた白滝地域にはまだ、たくさんの雪が残っています。今回はこの白滝地域の雪原をタイヤチューブに乗せた子どもたちを引っぱる冬ならではの雪遊びを行いました。子どもたちは顔中を由だらけにしながら歓声をあげていました。その後会 場を移して行ったアクセサリー作り では、子どもたちは講師の説明を受けながら、オリジナルのアクセサリーの製作を楽しんでいました。



昆虫教室


札幌市の地下歩行空間で遠軽町の観光をPRするイベントに参加しました。珍しい昆虫たちの展示に多くの人たちが足を止めて見入ってました。


今回は初めて町内の保育所に出張昆虫教室。子どもたちに人気のカブトムシやオタマジャクシたちで歓声があがりました。最初はおっかなびっくりで触れない子どもたちも次第に触れるようになって、最後は終了時間が過ぎても虫たちから離れません。また来るので楽しみにしててねー♪。