活動報告

移動昆虫教室

 遠軽ひばり幼稚園で移動昆虫教室を開きました。丸瀬布昆虫生態館で飼育展示している、オタマジャクシやカブトムシの幼虫と成虫、ニジイロクワガタ、ゾウカブトの幼虫などを幼稚園内のホールに展示しました。園児たちは、普段見たことのない国内外の昆虫類に興味津々な表情で近づき、実際に触れて歓声をあげていました。また、先日昆虫同好会で採集したカブトムシの幼虫を持参して、園児たちと最後まで大切に育てることを約束した後、プレゼントしました。

 昆虫同好会では、施設などを対象にした昆虫教室を開催し、生き物と触れあう機会をつくる活動を行っています。ご希望などがあればご連絡ください。


いこいの森開園作業

 丸瀬布森林公園いこいの森の開園日に合わせて冬囲いなどを撤去する作業を行いました。この作業は、開園日に合わせて毎年昆虫同好会が行っているもので、冬期間昆虫生態館の脇にある食草ハウスを囲っていたビニールなどの撤去作業を行いました。また、この作業後には、水生昆虫の生態調査も行い、丸瀬布地域内にある池で作業を実施しました。


カブトムシ幼虫採集

4月23日に丸瀬布昆虫生態館に飼育展示するカブトムシの幼虫採集を行いました。昆虫生態館では、大型連休や夏休み期間に合わせて、子どもたちに人気のカブトムシに実際に触れてもらう触れあいコーナーを毎年設けています。このため、昆虫同好会では人気のカブトムシに触れてもらうとともに、元々北海道に生息していなかったカブトムシの正しい飼育方法やルールなどの啓発を行うため、この飼育展示に協力しています。

 この日は、昨年に引き続き町外の方の協力を得て行いました。朝から準備万端で作業を行ったメンバーたちの中には、軍手を左手用のみ2つ持参してきたり、右手用のみ2つ持参したりと、相変わらずのお茶目な人もいましたが、2時間の作業で約100匹の幼虫を採集しました。ここで採集した幼虫は栄養たっぷりの土の中で育っていることから幼虫の時点でとても大きく、昨夏イベント等で子どもたちに大人気でした。今年も採集場所を提供していただきありがとうございました。


e- 水キックオフミーティング

平成29年度の「北海道 e- 水プロジェクト」助成事業に採択された活動団体や関係者たちが集まる「キックオフミーティング」がこのほど、札幌市の北海道コカ・コーラボトリング株式会社の本社で開かれ、採択された同好会も参加してきました。この会合では、助成をもとに実施を予定している事内容業の発表を行ってきました。今年度も引き続き活動拠点周辺において水辺の環境保全活動に取り組んでまいります。


山彦の滝視察

この冬立ち入ることができなかった、山彦の滝にえんがあるジオ倶楽部と合同でやま調査に行ってきました。
 滝は例年より二回りほど大きくなっていました。真ん中に日々が入り端の一部に滑落が見られ、下の穴から中氷の滝のに入ると10名くらいは入れる大きなドームになっていました。名物の観察会ができないのは残念です。道路が開通し夏になったら
滝周辺の環境整備が必要と感じました。

わくわく自然体験教室

今年度最後のわくわく自然体験教室は、遠軽町白滝で行いました。遠軽市街地はだいぶ雪解けが進んでいますが、自然に囲まれた白滝地域にはまだ、たくさんの雪が残っています。今回はこの白滝地域の雪原をタイヤチューブに乗せた子どもたちを引っぱる冬ならではの雪遊びを行いました。子どもたちは顔中を由だらけにしながら歓声をあげていました。その後会 場を移して行ったアクセサリー作り では、子どもたちは講師の説明を受けながら、オリジナルのアクセサリーの製作を楽しんでいました。


2017年2月のわくわく自然体験教室は、冬のいこいの森の散策です。昨年8月の台風被害により園内は多くの被害を受けました。その後わくわく自然体験教室に参加している子どもたちは園内に散乱している流木などを拾い集めるボランティア作業にも参加しています。今回は、雪深い林道を歩いて散策しました。林道の奥には、ヒグマが爪で引っ掻いた痕がくっきりと残った木を間近で見たり背こすりをした様子を撮影した写真や動画などを見たりして貴重な経験をすることができました。

2017年最初のわくわく自然体験教室。新年一発目は恒例の雪遊びです。昆虫館近くの坂を利用してそり遊び。昼食には子どもたちお待ちかねのお餅づくしでした。


この時期には珍しく雪が降り積もるなか、2016年11月のわくわく自然体験教室は屋外で焼肉&焼き芋を堪能しました。子どもたちが新聞紙で包んだイモを屋外で焼いて味わいました。



昆虫教室


札幌市の地下歩行空間で遠軽町の観光をPRするイベントに参加しました。珍しい昆虫たちの展示に多くの人たちが足を止めて見入ってました。


今回は初めて町内の保育所に出張昆虫教室。子どもたちに人気のカブトムシやオタマジャクシたちで歓声があがりました。最初はおっかなびっくりで触れない子どもたちも次第に触れるようになって、最後は終了時間が過ぎても虫たちから離れません。また来るので楽しみにしててねー♪。


町外研修

平成28年わくわく自然体験教室の町外研修は1泊2日の日程で十勝方面に行きました。足寄町では足寄動物化石博物館を訪れて石を削って化石や鉱物などを掘り出す体験授業に参加しました。左の写真の様子は落ち葉を使って両親などに絵手紙を送ろうと、製作している様子です。