虫のいえ

地球環境基金の支援が今年もきまりました。

一昨年、昨年は丸瀬布昆虫生態館の建物裏のスペースに、虫の住みかとなる家を作りました。今年度は、丸瀬布地域につくり、上武利地区との違いも調査する予定です。

柳田さんの協力があり、家の裏手に設置を計画しています。子どもたちの活動も予定しています。どんな虫が入るかはこれからのお楽しみです。

虫のいえ2017


むしのいえ 通信

ダウンロード
むしのいえ 2017
2017年 地球環境基金の支援をうけて実施した活動
むしのいえ.pdf
PDFファイル 750.5 KB

虫のいえ2018

 

 

いえから採集した虫を

アクリルに閉じこめて

標本をつくりました

虫のいえ 2019

今年度は、丸瀬布地区に『キノコの虫のいえ』を作製しました。

てっぺんのキノコは柳田さんの手作り。

 

キノコはしいたけとなめこです。どんな虫が入るでしょう
キノコはしいたけとなめこです。どんな虫が入るでしょう

試行錯誤が続いていましたが、ようやく方向がきまりました。

後は、職人が決めていきます。

それにしても三角を36個もつくらなくてはならないのです。